非ステロイド系消炎鎮痛薬の臨床応用

概説

  • 非ステロイド系消炎鎮痛薬は抗炎症効果、抗リウマチ効果、鎮痛効果、抗腫瘍効果をもつ薬である。
  • 特に抗炎症効果、鎮痛効果により、関節疾患などに広く臨床応用されている。

骨・関節疾患

  • 骨軟骨症や骨関節炎などの急性および慢性関節疾患に対し、鎮痛、抗炎症目的で使用されている。

神経筋疾患

  • 胸腰部椎間板ヘルニアなどに対し、鎮痛、抗炎症目的で使用される。
  • 筋炎に対して、鎮痛、抗炎症目的で使用される。

腫瘍

  • 乳腺癌、移行上皮癌などの悪性腫瘍に対し、アポトーシス抑制、血管新生促進、局所免疫機能低下などを目的に投与される。多くは、化学療法、放射線療法、外科療法などと組み合わせ、再発予防や腫瘍の進行を抑える目的で投与されている。

泌尿器疾患

  • 猫の膀胱炎に対し、主に鎮痛効果を目的に投与されることがある。

口腔内疾患

  • 犬猫の口内炎、歯周疾患に対し、疼痛緩和を目的に投与されることがある。

血液・免疫疾患

  • 非ステロイド系消炎鎮痛薬COX-1抑制作用により、血小板凝集抑制が生じる。血栓症などの疾病の場合、この血小板凝集抑制を利用して、血栓形成を予防することがある。

周術期鎮痛

  • 周術期における鎮痛を目的に投与されることがある。
  • 特に術前投与を行うことで、効果的に鎮痛を行うことができると考えられている。

関連用語


文献

  • 犬の乳腺腫瘍の異種異色モデルにおけるCOX阻害薬の効果
    Effect of cyclooxygenase inhibitors in a xenograft model of canine mammary tumours., Sonzogni-Desautels K, Knapp DW, Sartin E, Doré M., Vet Comp Oncol. 2011 Sep;9(3):161-71. doi: 10.1111/j.1476-5829.2010.00242.x. Epub 2010 Aug 26.
  • 犬悪性乳腺腫瘍の予後におけるCOX-2発現の役割
    The role of Cox-2 expression in the prognosis of dogs with malignant mammary tumours., Res Vet Sci. June 2010;88(3):441-5., Felisbina L Queiroga, Isabel Pires, Luis Lobo, Carlos S Lopes
  • A Flavonoid Mixture, Dual Inhibitor of Cyclooxygenase and 5-Lipoxygenase Enzymes, Shows Superiority to Glucosamine/Chondroitin for Pain Management in Moderate Osteoarthritic Dogs, Intern J Applied Res Vet Med. May 2009;7(1-2):1-12. 58 Refs, Bruce P. Burnett, Kristol K. Stenstrom, Mary J. Baarsch, William S. Swafford, Joel Ehrenzweig, Robert M. Levy
  • COX-2と癌におけるその抑制効果
    Cyclooxygenase-2 and its inhibition in cancer:is there a role? , Liao Z., Mason K.A., Milas L., Drugs, 67, 821-845, 2007
  • 犬における非ステロイド系消炎鎮痛薬による治療後の血小板機能、止血、プロスタグランジン発現の変化
    Changes in platelet function, hemostasis, and prostaglandin expression after treatment with nonsteroidal anti-inflammatory drugs with various cyclooxygenase selectivities in dogs, Am J Vet Res. March 2007;68(3):251-7., Benjamin M Brainard, Craig P Meredith, Mary Beth Callan, Steven C Budsberg, Francis S Shofer, Bernd Driessen, Cynthia M Otto
  • 猫の卵巣子宮摘出術における4つの鎮痛方法の比較
    A comparison of four methods of analgesia in cats following ovariohysterectomy, Vet Anaesth Analg. November 2006;33(6):390-8., Karen M Tobias, Ralph C Harvey, Judy M Byarlay
  • 犬の腫瘍におけるCOX-2過剰発現:腫瘍学における潜在的治療ターゲット
    COX-2 overexpression in canine tumors: Potential therapeutic targets in oncology., Spugnini E. P., Porrello A., Citro G., et al., Histol Histopathol, 20, 1309-1312, 2005
  • ヒトの侵襲性膀胱癌の犬モデルにおけるシクロオキシゲナーゼ抑制薬(ピロキシカム)の腫瘍反応性、アポトーシス、血管新生について
    Effects of the cyclooxygenase inhibitor, piroxicam, on tumor response, apoptosis, and angiogenesis in a canine model of human invasive urinary bladder cancer., Mohammed S. I., Bennett P. F., Craig B. A., et al., Cancer Res, 62, 356-358, 2002


※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2011-09-19 17:27:45

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード