非ステロイド系消炎鎮痛薬に共通の注意事項

概説

  • 非ステロイド系消炎鎮痛薬は、COX-2を選択的に阻害することで、消炎、鎮痛、抗腫瘍効果などを発揮する薬である。ヒトも含めた臨床現場で広く使用されている薬剤である。
  • しかし、この薬はCOX-2のみならず、生理的COXとも呼ばれるCOX-1をも一部阻害するため、いくつかの副作用が発現する可能性があり、注意が必要な薬でもある。

ステロイド薬との併用

  • COX阻害薬である非ステロイド系消炎鎮痛薬とホスホリパーゼA2抑制薬であるステロイド薬は、両者の作用機序が重複するため、併用すると副作用が増強される危険性が高い。
  • 併用により、特に消化管潰瘍の発生率が上昇すると考えられている。

消化器系

  • COX-1によって産生されるプロスタグランジンは、胃粘膜保護、胃粘液産生増加、粘膜血流の維持などの作用があり、非ステロイド系消炎鎮痛薬によってこれらの作用が阻害されると、胃潰瘍や十二指腸潰瘍になりやすくなり、最悪の場合、胃穿孔を引き起こすことがある。
  • そのため、同様の作用機序を持つと考えられるステロイド薬や他の非ステロイド系消炎鎮痛薬を併用することは禁忌とされている。
  • また、必要に応じて胃粘膜保護薬(胃薬を参照)の併用を行う。

腎血流量の低下

  • 非ステロイド系消炎鎮痛薬により腎血流量が低下すると考えられており、慢性腎疾患や慢性心疾患などにおいては慎重に投与する必要があると考えられる。
  • また、腎臓毒性を持つ薬剤と併用することで腎障害にいたる可能性がある。

出血傾向

  • COX-1は血小板凝集に関与しているため、COX-1阻害によって出血傾向になると考えられている。血小板が減少する疾患やすでに出血が見られる場合には注意する必要がある。

猫に対する長期投与

  • 猫に対し、非ステロイド系消炎鎮痛薬を長期的に投与すると、副作用が発生しやすいと考えられている。

薬物相互作用

  • フェニルプロパノールアミンと併用することで、高血圧を誘発する可能性がある。
  • ACEIと併用することで、ACEIの作用を減弱させる可能性がある。
  • ジゴキシンの血中濃度を上昇させる可能性がある。
  • フロセミドと併用することで、フロセミドの作用を減弱させる可能性がある。
  • メトトレキサートと併用することで重大な副作用が発生する可能性がある。

関連用語


文献(参考文献

  • 健康な犬における非ステロイド系消炎鎮痛薬(アスピリンカルプロフェン、デラコキシブ、メロキシカム)の血小板機能およびプロスタグランジン濃度に対する影響
    Effects of aspirin, carprofen, deracoxib, and meloxicam on platelet function and systemic prostaglandin concentrations in healthy dogs., Am J Vet Res. March 2010;71(3):349-58., Shauna L Blois , Dana G Allen, R Darren Wood, Peter D Conlon
  • 犬におけるカルプロフェンエトドラク、フルニキシンメグルミン、ケトプロフェン、およびメロキシカムの長期経口投与の有害事象評価
    Evaluation of adverse effects of long-term oral administration of carprofen, etodolac, flunixin meglumine, ketoprofen, and meloxicam in dogs, J Am Vet Med Assoc. March 2007;230(6):879., Stelio P L Luna, Ana C B, Paulo V M Steagall, Luciana P Machado, F Q Moutinho, Regina K Takahira, C V S B
  • 猫における非ステロイド系消炎鎮痛薬:レビュー
    Nonsteroidal anti-inflammatory drugs in cats: a review, Vet Anaesth Analg. April 2007;0(0):., B Duncan X Lascelles, Michael H Court, Elizabeth M Hardie, Sheilah A Robertson
  • 犬における非ステロイド系消炎鎮痛薬による治療後の血小板機能、止血、プロスタグランジン発現の変化
    Changes in platelet function, hemostasis, and prostaglandin expression after treatment with nonsteroidal anti-inflammatory drugs with various cyclooxygenase selectivities in dogs, Am J Vet Res. March 2007;68(3):251-7., Benjamin M Brainard, Craig P Meredith, Mary Beth Callan, Steven C Budsberg, Francis S Shofer, Bernd Driessen, Cynthia M Otto
  • メデトミジンープロポフォールーイソフルランによる麻酔中の犬におけるカルプロフェンの腎機能への影響について
    Effects of carprofen on renal function during medetomidine-propofol-isoflurane anesthesia in dogs, Am J Vet Res. December 2006;67(12):1967-73., Jan H M Frendin, Ingrid M Bostr?m, Naruepon Kampa, Per Eksell, Jens U H?ggstr?m, G?rel C Nyman


※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2011-11-26 16:52:36

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード