肥満細胞腫

概説

  • 英名・略語:mast cell tumor, MCT
  • 肥満細胞が異常増殖する腫瘍で、犬の皮膚に最も多く認められる腫瘍。多くが悪性の挙動をとり、浸潤性が強く、時に脾臓などへ転移する。稀に内蔵型の発生も認められるが、内蔵型の方が悪性度が強いと考えられている。
  • 肥満細胞腫の後発犬種はボクサー、パグ、ボストンテリア、ピットブル、ワイマラナーなどで、ボクサー、パグ、ワイマラナーでは多発性の傾向が強いとされている。パグは比較的良性の経過をたどるとされている。
  • 肥満細胞腫は細胞診で比較的容易に診断でき、皮下組織に腫瘤を形成するため、発見されやすい傾向にある。
  • 肥満細胞腫の治療として、化学療法、放射線療法、外科療法およびそれらの治療法の組み合わせが提案されている。また、肥満細胞腫がC-KIT受容体の異常によって生じることがわかってきており、C-KIT阻害薬による治療も使われている。

カテゴリー


関連薬


関連用語


文献

  • 犬の口腔内肥満細胞腫
    Canine oral mucosal mast cell tumours., Vet Comp Oncol. 2013 Nov 11. doi: 10.1111/vco.12071. , Elliott JW, Cripps P, Blackwood L, Berlato D, Murphy S, Grant IA.
  • 同時多発性皮膚肥満細胞腫の犬における予後指標の評価
    Evaluation of prognostic indicators in dogs with multiple, simultaneously occurring cutaneous mast cell tumours: 63 cases, Veterinary and Comparative Oncology, Article first published online: 24 NOV 2011, K. O’Connell, M. Thomson
-犬の結膜に発生した肥満細胞腫(後向き調査)&br;Canine conjunctival mast cell tumors: a retrospective study, Veterinary Ophthalmology, Volume 14, Issue 3, pages 153?160, May 2011, Matthew Fife, Tiffany Blocker, Tina Fife, Richard R. Dubielzig, Karen Dunn
  • 犬の切除不能肥満細胞腫におけるマシチニブ治療後12ヶ月および24か月の生存率
    Evaluation of 12- and 24-month survival rates after treatment with masitinib in dogs with nonresectable mast cell tumors, American Journal of Veterinary Research November 2010, Vol. 71, No. 11, Pages 1354-1361, Kevin A. Hahn, DVM, PhD; Alfred M. Legendre, DVM, MS; Neil G. Shaw, DVM; Brenda Phillips, DVM; Gregory K. Ogilvie, DVM; Deborah M. Prescott, DVM, PhD; Stephen W. Atwater, DVM, MS; Janet K. Carreras, DVM; Susan E. Lana, DVM, MS; Tracy Ladue, DVM, MS; Anthony Rusk, DVM; Jean Pierre Kinet, MD; Patrice Dubreuil, PhD; Alain Moussy, MBA; Olivier Hermine, MD, PhD
  • マシチニブは犬の肥満細胞腫に対して安全で効果的な治療薬である
    "Masitinib" is safe and effective for the treatment of canine mast cell tumors., Gentilini F., J Vet Intern Med. 2010 Jan-Feb;24(1):6; author reply 7.
  • 試験管上および自然発症した犬の1症例において、カルシトリオールによる肥満細胞腫化学療法の増強効果およびチロシンキナーゼ阻害薬活性化
    のCalcitriol (1,25-dihydroxycholecalciferol) enhances mast cell tumour chemotherapy and receptor tyrosine kinase inhibitor activity in vitro and has single-agent activity against spontaneously occurring canine mast cell tumours., Vet Comp Oncol. September 2010;8(3):209-20., E K Malone, K M Rassnick, J J Wakshlag, D S Russell, R al-Sarraf, D M Ruslander, C S Johnson, D L Trump
  • 犬の口腔および口腔周囲に発生した肥満細胞腫の生物学的挙動
    Biological behavior of oral and perioral mast cell tumors in dogs: 44 cases (1996-2006). , J Am Vet Med Assoc. October 2010;237(8):936-42. , Lorin A Hillman; Laura D Garrett; Louis-Philippe de Lorimier; Sarah C Charney; Luke B Borst; Timothy M Fan
  • 猫の皮膚肥満細胞腫における組織学的および免疫組織化学的特徴に対する予後評価
    Prognostic value of histologic and immunohistochemical features in feline cutaneous mast cell tumors. , Vet Pathol. July 2010;47(4):643-53. , S Sabattini; G Bettini
  • 犬肥満細胞腫に対するCCNU(ロムスチン)とビンブラスチンの併用療法:57症例
    Combination CCNU and vinblastine chemotherapy for canine mast cell tumours: 57 cases, Vet Comp Oncol. September 2009;7(3):196-206. 21 Refs, Maureen Cooper, XinRu Tsai, Peter Bennett
  • 犬の肥満細胞腫におけるメシル酸イマチニブによるチロシンキナーゼ阻害の効果
    Effect of tyrosine kinase inhibition by imatinib mesylate on mast cell tumors in dogs. Isotani M, Ishida N, Tominaga M, Tamura K, Yagihara H, Ochi S, Kato R, Kobayashi T, Fujita M, Fujino Y, Setoguchi A, Ono K, Washizu T, Bonkobara M. Department of Veterinary Clinical Pathology, Nippon Veterinary and Life Science University, Tokyo, Japan.
  • ビンブラスチンによって治療を行った肥満細胞腫の犬におけるビンブラスチン投与量の段階的増量
    Dose-escalating vinblastine for the treatment of canine mast cell tumour, Vet Comp Oncol. June 2008;6(2):111-119. 17 Refs, K. R. Vickery, H. Wilson, D. M. Vail, D. H. Thamm
  • ビンブラスチンおよびプレドニゾロンによって治療された肥満細胞腫の犬における予後因子の評価
    Evaluation of prognostic markers for canine mast cell tumors treated with vinblastine and prednisone., Webster JD, Yuzbasiyan-Gurkan V, Thamm DH, Hamilton E, Kiupel M., Vet Res. 4(1):32 (2008)
  • Masitinib is safe and effective for the treatment of canine mast cell tumors., J Vet Intern Med. 2008 Nov-Dec;22(6):1301-9. Epub 2008 Sep 24., Hahn KA, Ogilvie G, Rusk T, Devauchelle P, Leblanc A, Legendre A, Powers B, Leventhal PS, Kinet JP, Palmerini F, Dubreuil P, Moussy A, Hermine O.
  • 猫の肥満細胞腫にロムスチンを使用した38症例について
    Lomustine for treatment of mast cell tumors in cats: 38 cases (1999-2005), J Am Vet Med Assoc. April 2008;232(8):1200-5. , Kenneth M Rassnick, Laurel E Williams, Orna Kristal, Renee Al-Sarraf, Jennifer L Baez, Courtney H Zwahlen, Gillian Dank
  • Evaluation of neoadjuvant prednisone administration and surgical excision in treatment of cutaneous mast cell tumors in dogs, Rebecca M Stanclift1, Stephen D Gilson, 1 Sonora Veterinary Specialists, 4015 E Cactus Rd, Phoenix, AZ 85032., J Am Vet Med Assoc. January 2008;232(1):53-62.
  • 犬肥満細胞腫に対するビンブラスチンシクロフォスファミド、およびプレドニゾロンの併用療法:35症例
    Treatment of canine mast cell tumours with vinblastine, cyclophosphamide and prednisone: 35 cases (1997-2004), Vet Comp Oncol. September 2007;5(3):156-167. 41 Refs, M. A. Camps-Palau, N. F. Leibman, R. Elmslie, S. E. Lana, S. Plaza, J. A. McKnight, R. Risbon, P. J. Bergman
  • パグの肥満細胞腫におけるリスクおよび臨床結果の評価
    Evaluation of risk and clinical outcome of mast cell tumours in pug dogs, Veterinary and Comparative Oncology, Volume 4 Page 2 - March 2006, E. A. McNiel1, A. L. Prink1 and T. D. O'Brien2
  • 犬の肥満細胞腫61症例に対するプレドニゾロンビンブラスチンによる化学療法の結果および予後因子
    Outcome and prognostic factors following adjuvant prednisone/vinblastine chemotherapy for high-risk canine mast cell tumour: 61 cases. Thamm DH, Turek MM, Vail DM. J Vet Med Sci. 2006 Jun;68(6):581-7.
  • 犬の肥満細胞腫に対する経口投与プレドニゾロンの反応性
    Response of canine mast cell tumors to treatment with oral prednisone. McCaw DL, Miller MA, Ogilvie GK, Withrow SJ, Brewer WG Jr, Klein MK, Bell FW, Anderson SK. J Vet Intern Med. 1994 Nov-Dec;8(6):406-8.


※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2013-12-19 06:20:47

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード