納豆キナーゼ

概説

  • 納豆に含まれる酵素である納豆キナーゼを製剤化した商品。
  • 組織プラスミノーゲンアクチベーターの産生増大、血小板凝集抑制作用があり、いわゆる「血液サラサラ」効果があるとされている。

主な薬剤成分

  • ナットウキナーゼ
  • 還元麦芽糖水飴
  • 結晶セルロース
  • でんぷん
  • ショ糖脂肪酸エステル
  • 二酸化ケイ素
  • クエン酸
  • ソルビン酸カリウム
(錠剤または液体によって若干組成が異なる)

薬剤形・成分量

  • 剤型:錠剤
    • 成分量:ナットウキナーゼ50mg/錠
  • 剤型:液体
    • 成分量:ナットキナーゼ25mg/ml

類似薬


写真



関連用語


関連文献

  • 血圧に対する納豆キナーゼの影響
    Effects of nattokinase on blood pressure: a randomized, controlled trial., Hypertens Res. 2008 Aug;31(8):1583-8. , Kim JY, Gum SN, Paik JK, Lim HH, Kim KC, Ogasawara K, Inoue K, Park S, Jang Y, Lee JH.
  • Effects of nattokinase, a pro-fibrinolytic enzyme, on red blood cell aggregation and whole blood viscosity. Clin Hemorheol Microcirc. 2006;35(1-2):139-42. Pais E, Alexy T, Holsworth RE Jr, Meiselman HJ.
  • Enhancement of the fibrinolytic activity in plasma by oral administration of nattokinase., Acta Haematol. 1990;84(3):139-43. , Sumi H, Hamada H, Nakanishi K, Hiratani H.


※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2011-09-19 16:32:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード