神経学的検査

概説

  • 英名:neurological examination、中国語名:神经学的检验、韓国語名:신경학적 검사
  • 現在発生している神経学的問題に対し、その局在を絞り込むために行う臨床検査。
  • 神経学的検査表に基づき、病歴、観察所見、触診、姿勢反応、脊髄反射、脳神経所見、知覚、排尿機能などを評価し、現在の異常がどこで生じているかをある程度絞り込むために用いられる。

検査項目

  • 意識状態(意識レベル
  • 知性・行動の異常
  • 姿勢
    • 捻転斜頚
    • 横臥
    • 座位
    • 頭位旋回
  • 歩様
    • 運動失調
    • 不全麻痺
    • 麻痺
    • 旋回運動
    • 測定障害
  • 不随意運動の有無
    • 振戦
    • ミオクローヌス
  • 姿勢反応
    • 固有位置感覚
    • 触覚性踏み直り反応
    • 視覚性踏み直り反応
    • 跳び直り反応
    • 立ち直り反応
    • 手押し車反応
    • 姿勢性伸筋突伸反応
  • 脊髄反射
    • 膝蓋腱反射
    • 前脛骨筋反射
    • 腓腹筋反射
    • 橈側手根伸筋反射
    • 二頭筋反射
    • 三頭筋反射
    • 屈曲反射(引っ込め反射)
    • 交差伸展反射
    • 会陰反射
    • 皮筋反射
  • 脳神経
    • 表情筋、側頭筋、咬筋の萎縮
    • 眼瞼反射
    • 角膜反射
    • 威嚇まばたき反射
    • 斜視(正常位、頭位変換)
    • 眼振(正常位、頭位変換)
    • 生理的眼振
    • 対光反射
    • 開口時の筋緊張
    • 舌の動き・位置・対称性
    • 飲み込み
    • 僧帽筋、胸骨上腕橈筋の対称性
    • 綿球落下テスト
  • 嗅覚
  • 知覚
    • 表在痛覚
    • 深部痛覚
    • 知覚過敏の有無

関連用語



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2011-09-15 17:30:42

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード