猫ウイルス性鼻気管炎

概説

  • 英名:feline viral rhinotracheitis ; FVR
  • 別名:猫インフルエンザ、猫コリーザ、猫伝染性呼吸器疾患群、猫ヘルペスウイルス感染症
  • 猫ヘルペスウイルスの感染によって起こる上部気道感染症。
  • 重篤な症状を示すものでは、ヘルペスウイルス以外に二次感染も関与していると考えれれている。
  • 発熱、くしゃみ、目脂の排泄、食欲不振などの症状を示し、免疫力の弱い猫(若齢、老齢、FIV感染猫など)では、肺炎などの深刻な問題を引き起こす。
  • 症状の改善後もヘルペスウイルスは体内に潜伏し、猫の免疫力低下などにより再活性化する。

宿主

  • 猫科動物

病原

  • 猫ヘルペスウイルス1
  • ヘルペスウイルス科、アルファヘルペスウイルス亜科、バリセロウイルス属に属する
  • 2本鎖DNAウイルス、エンベロープを有する

疫学

  • 世界中に分布
  • 猫間で水平伝播していると考えれている。
  • ウイルスは感染後回復した猫の三叉神経に潜伏し、免疫力の低下に伴い再活性化し、伝播に関与する。

臨床症状

  • 発熱
  • 食欲不振
  • 副鼻腔炎
  • くしゃみ
  • 鼻漏
  • 目脂
  • 結膜炎、結膜浮腫
  • 角膜炎、角膜潰瘍
  • 肺炎(呼吸速拍)

診断

  • 症状を元に仮診断され、治療されることが多い。
  • 動物用検査機関により抗原検査を行うことで確定診断可能。

治療

  • 対症療法と二次感染への治療が中心となる。
  • 対症療法として補液療法、食事を与える。
  • 二次感染への治療として抗菌薬の投与、点眼、点鼻などを行う。
  • 免疫力向上を目的としてインターフェロンωの投与を行うこともある。

予防


カテゴリー


関連用語


文献(参考文献



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。

  • 最終更新:2014-05-13 22:17:32

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード