抗ヒスタミン薬

概説

  • 英名:Antihistamic drug、韓国語名:항히스타민제
  • 別名:H1受容体拮抗薬
  • 一般的にヒスタミン受容体拮抗薬の中で特にH1受容体に拮抗する薬を総称して抗ヒスタミン薬と呼んでいる。H1受容体は全身の毛細血管や皮膚の知覚神経などに分布しており、肥満細胞からの脱顆粒によってヒスタミンが放出されると、血管透過性の亢進や痒みなどが発生する。また、一部は嘔吐中枢にも存在する。
  • 抗ヒスタミン薬はアトピー性皮膚炎などの痒みを伴う皮膚疾患に用いられている。
  • また、多くの抗ヒスタミン薬は抗コリン作用や中枢神経抑制作用も併せ持ち、小脳や孤束核に受容体が存在することから、乗り物酔いの治療にも用いられることがある。
  • 一部の抗ヒスタミン薬(シプロヘプタジン)では食欲刺激効果が認められるため、食欲増進剤として処方されることもある。

各種薬剤成分

成分名 薬品名
クレマスチン タベジール
インベスタン
キソラミン
クレ・ママレット
テルギンG
ベナンジール
マスレチン
マルスチン
クロルフェニラミン ポララミン
アニミング
ネオマレルミン
ポラジット
マゴチミン
ジフェンヒドラミン レスタミン
ベナ
シプロヘプタジン ペリアクチン
ヒドロキシジン アタラックス
ジスロン
ロラタジン クラリチン

カテゴリー



関連用語



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2012-02-05 17:30:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード