僧帽弁閉鎖不全症

概説

  • 英名・略語:mitral insufficiency, MR
  • 獣医臨床現場において、僧帽弁逆流を主症状とする心臓弁膜疾患を一般的に僧帽弁閉鎖不全症とよんでいる。
  • 中齢以降の小型犬に多く発生し、進行性の疾患であり、数年単位で心臓のうっ血が悪化し、ひどく進行した場合は肺水腫を起こす疾病である。
  • 現在内科的治療として、血管拡張薬強心薬利尿薬などが主に使われ、さまざまなサプリメントや食餌療法も検討されている。

原因・要因

  • はっきりとした原因は特定されていない。

統計

  • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは遺伝的に僧帽弁閉鎖不全症および三尖弁閉鎖不全症を発生しやすいとされ、高齢化に伴いほとんどの個体で発症が見られる。
  • その他、シーズー、マルチーズなどの小型犬種に多く認められる。

細分類

  • 病態を分類する方法がいくつか考えられているが、未だ統一された分類は存在しない。症状や進行度合いから以下の分類が用いられている。
  • ACVIM consensus statement
  • ISACHC
  • NYHA

症状・徴候

  • 運動不耐性
  • 咳(特に激しい運動、興奮時)
  • 呼吸困難
  • 失神

臨床検査

  • レントゲン検査
  • 心電図
  • 血液検査
  • エコー検査

診断

  • 犬種、年齢、症状、特徴的心雑音(左側最強点における収縮期雑音)などから診断する。必要に応じて、レントゲン検査、エコー検査、心電図検査が行われる。

治療

  • 治療は主に内科的治療と外科的治療に分類される。
<内科的治療>
  • 内科的治療は原因に対する治療法は無く、症状の緩和を中心とした対症療法が行われている。

<外科的治療>
  • 外科的治療は、僧帽弁の内径短縮や断裂した腱索再建などが行われている。

予後

  • 合併症(肺水腫、気管支炎、腎前性腎不全など)の有無によって予後は異なる。

合併症

  • 心原性肺水腫
  • 腎前性腎不全
  • 失神
  • 不整脈

関連薬


予防

  • 本症そのものを予防する方法は確立されていない。
  • 激しい運動を避ける、気温の上昇している時間帯の散歩を避けるなどによって、心不全症状を緩和することができる。

カテゴリー

  • 心疾患
  • 心臓弁膜疾患
  • うっ血性心疾患

関連用語


関連文献(参考文献

  • Lowered N-terminal pro-B-type natriuretic peptide levels in response to treatment predict survival in dogs with symptomatic mitral valve disease., J Vet Cardiol. 2012 Aug 1. , Wolf J, Gerlach N, Weber K, Klima A, Wess G.
  • Canine degenerative myxomatous mitral valve disease: natural history, clinical presentation and therapy., Vet Clin North Am Small Anim Pract. July 2010;40(4):651-63., Michele Borgarelli, Jens Haggstrom
  • ACVIM consensus statement
  • Chronic mitral valve disease in cavalier King Charles spaniels: 95 cases (1987-1991), J Am Vet Med Assoc. October 1993;203(7):1023-9., A W Beardow, J W Buchanan


※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2012-08-19 17:08:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード