メラトニン

成分概要・作用機序

  • 英名:Melatonin
  • L-トリプトファンから生成される松果体ホルモンであり、光周期依存性の異常などに対して用いられる。ヒトでは不眠治療や時差ボケに使用される。
  • 犬では脱毛症Xなどの非炎症性脱毛疾患などに使用され、猫では発情抑制に使用されることがある。
  • 海外ではサプリメントとして一般的に販売されているが、2011年現在、日本では薬としての認可は下りていない。

カテゴリー


主に使用される疾病

  • 脱毛症X
  • 後天性パターン脱毛症
  • 周期性膁部脱毛症
  • 毛刈り後脱毛
  • 休止期脱毛
  • 淡色被毛脱毛症
  • 黒色被毛形成異常
  • 毛包形成異常(犬)
  • 発情抑制(猫)
  • 睡眠、行動障害
  • 副腎疾患(フェレット)

主な薬品名

薬品名 剤型 成分量

投与量・投与目的

  • 脱毛症
    • 犬:3-6mg/head/SID-BID (p.o.)

  • 睡眠障害
    • 犬:3-6mg/head/SID-BID (p.o.)
    • 猫:3-12mg/head/SID-BID(p.o.)

  • 副腎疾患
    • フェレット:0.5mg/head/SID

副作用

  • 副作用はほとんどないく、安全性は高い
  • 鎮静
  • 性ホルモン分泌への影響
  • 低体温(ヒト)
  • 頻脈(ヒト)
  • 混乱(ヒト)
  • 頭痛(ヒト)
  • 掻痒(ヒト)

薬物相互作用


主な注意事項


関連文献(参考文献

  • Oestrogen receptor evaluation in Pomeranian dogs with hair cycle arrest (alopecia X) on melatonin supplementation., Vet Dermatol. 2006 Aug;17(4):252-8. , Frank LA, Donnell RL, Kania SA.
  • Effects of melatonin administration on the clinical course of adrenocortical disease in domestic ferrets, Journal of the American Veterinary Medical Association, December 1, 2006, Vol. 229, No. 11, Pages 1743-1748 , Jan C. Ramer, DVM; Keith G. Benson, DVM; James K. Morrisey, DVM, DABVP; Robert T. O'Brien, DVM, MS, DACVR; Joanne Paul-Murphy, DVM, DACZM
  • 脱毛症Xの犬におけるメラトニンおよびミトタン治療前、治療中の副腎ステロイドホルモン濃度
    Adrenal steroid hormone concentrations in dogs with hair cycle arrest (Alopecia X) before and during treatment with melatonin and mitotane., Vet Dermatol. 2004 Oct;15(5):278-84., Frank LA, Hnilica KA, Oliver JW.
  • Effect of oral melatonin administration on sex hormone, prolactin, and thyroid hormone concentrations in adult dogs., J Am Vet Med Assoc. 1999 Oct 15;215(8):1111-5., Ashley PF, Frank LA, Schmeitzel LP, Bailey EM, Oliver JW.

関連用語



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2011-12-14 18:50:39

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード