マシチニブ

成分概要・作用機序

  • 英名:masitinib
  • 別名:メシル酸マシチニブ
  • 経口チロシンキナーゼ阻害薬であり、c-kit受容体を阻害することで、抗腫瘍効果を発揮する。2010年現在、ヨーロッパで認可され、使用されている。
  • 肥満細胞腫などのc-kit遺伝子変異が見られる腫瘍に対して有効であると考えられている。

カテゴリー


主に使用される疾病


主な薬品名

薬品名 剤型 成分量

投与量・投与目的


副作用


薬物相互作用


主な注意事項


関連用語


関連文献(参考文献

  • 転移し、切除不能となった犬皮膚肥満細胞腫に対するメシル酸マシチニブ
    Masitinib mesylate for metastatic and non-resectable canine cutaneous mast cell tumours., Vet Comp Oncol. 2013 Jul 12. doi: 10.1111/vco.12053. [Epub ahead of print]
Smrkovski OA, Essick L, Rohrbach BW, Legendre AM.
  • 犬の血管肉腫細胞の試験管内におけるチロシンキナーゼ阻害薬であるメシル酸マシチニブの効果
    In vitro effects of the tyrosine kinase inhibitor, masitinib mesylate, on canine hemangiosarcoma cell lines., Vet Comp Oncol. 2012 May 18. doi: 10.1111/j.1476-5829.2012.00335.x. , Lyles SE, Milner RJ, Kow K, Salute ME.
  • 猫の注射部位発生肉腫原発部位および転移部位の細胞に対するマシチニブの抗増殖活性およびアポトーシス促進活性
    Masitinib demonstrates anti-proliferative and pro-apoptotic activity in primary and metastatic feline injection-site sarcoma cells, Veterinary and Comparative Oncology, Article first published online: 25 AUG 2011, J. Lawrence, C. Saba, R. Gogal Jr, O. Lamberth, M. L. Vandenplas, D. J. Hurley, P. Dubreuil, O. Hermine, K. Dobbin, M. Turek
  • 健康な猫におけるメシル酸マシチニブの安全性
    Safety of masitinib mesylate in healthy cats., J Vet Intern Med. 2011 Mar;25(2):297-302. doi: 10.1111/j.1939-1676.2011.0687.x. Epub 2011 Feb 11., Daly M, Sheppard S, Cohen N, Nabity M, Moussy A, Hermine O, Wilson H.
  • 犬の切除不能肥満細胞腫におけるマシチニブ治療後12ヶ月および24か月の生存率
    Evaluation of 12- and 24-month survival rates after treatment with masitinib in dogs with nonresectable mast cell tumors, American Journal of Veterinary Research November 2010, Vol. 71, No. 11, Pages 1354-1361, Kevin A. Hahn, DVM, PhD; Alfred M. Legendre, DVM, MS; Neil G. Shaw, DVM; Brenda Phillips, DVM; Gregory K. Ogilvie, DVM; Deborah M. Prescott, DVM, PhD; Stephen W. Atwater, DVM, MS; Janet K. Carreras, DVM; Susan E. Lana, DVM, MS; Tracy Ladue, DVM, MS; Anthony Rusk, DVM; Jean Pierre Kinet, MD; Patrice Dubreuil, PhD; Alain Moussy, MBA; Olivier Hermine, MD, PhD
  • マシチニブは犬の肥満細胞腫に対して安全で効果的な治療薬である
    "Masitinib" is safe and effective for the treatment of canine mast cell tumors., Gentilini F., J Vet Intern Med. 2010 Jan-Feb;24(1):6; author reply 7.
  • 獣医学におけるチロシンキナーゼ阻害薬
    Tyrosine Kinase Inhibitors in Veterinary Medicine , Topics in Companion Animal Medicine Volume 24, Issue 3, August 2009, Pages 106-112, Cheryl A. London DVM, PhD
  • マシチニブは犬の肥満細胞腫に対して安全で効果的な治療薬である
    Masitinib is Safe and Effective for the Treatment of Canine Mast Cell Tumors, Hahn KA, Ogilvie G, Rusk T, Devauchelle P, Leblanc A, Legendre A, Powers B, Leventhal PS, Kinet JP, Palmerini F, Dubreuil P, Moussy A, Hermine O., J Vet Intern Med. 2008 Nov-Dec;22(6):1301-9. Epub 2008 Sep 24. Erratum in: J Vet Intern Med. 2009 Jan-Feb;23(1):224.


※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2014-05-13 23:15:20

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード