ピロキシカム

概要・作用機序

  • 英名:piroxicam
  • オキシカム系の非ステロイド系消炎鎮痛薬である。
  • 安全域が狭いため、消炎、鎮痛目的でつかわれることは少なく、抗腫瘍薬として用いられることの方が多い。
  • COX-2がもつ悪性腫瘍のアポトーシス抑制、血管新生促進、局所免疫機能低下などの効果を抑制することで、抗腫瘍効果を発揮すると考えられている。

カテゴリー


主に使用される疾病

  • 膀胱の移行上皮癌
  • 乳腺癌(犬)
  • 扁平上皮癌
  • 可移植性性器肉腫
  • 鼻腺癌
  • 骨肉腫
  • その他の悪性腫瘍

主な薬品名

  • バキソ

投与量・投与目的

  • 抗腫瘍薬として
    • 犬、猫:0.3mg/kg, q24hr, (p.o.)
  • 抗炎症
    • 犬、猫:0.3mg/kg, sid (p.o.)

副作用


薬物相互作用


主な注意事項


関連文献(参考文献

  • 炎症性乳癌の犬12頭における臨床徴候、COX-2発現、およびピロキシカムに対する反応性
    Inflammatory mammary carcinoma in 12 dogs: Clinical features, cyclooxygenase-2 expression, and response to piroxicam treatment., Can Vet J. May 2009;50(5):506-10., Carlos H de M Souza, Evandro Toledo-Piza, Renee Amorin, Andrigo Barboza, Karen M Tobias
  • 犬の膀胱移行上皮癌におけるシスプラチンピロキシカムの併用の評価
    Evaluation of cisplatin administered with piroxicam in dogs with transitional cell carcinoma of the urinary bladder, J Am Vet Med Assoc. October 2007;231(7):1056-60., Shawna N Greene, Michael D Lucroy, Chelsea B Greenberg, Patty L Bonney, Deborah W Knapp
  • 犬の脾臓血管肉腫の補助療法に対する低用量経口化学療法
    Continuous low-dose oral chemotherapy for adjuvant therapy of splenic hemangiosarcoma in dogs., J Vet Intern Med. 2007 Jul-Aug;21(4):764-9., Susan Lana1, Lance U'ren, Susan Plaza, Robyn Elmslie, Daniel Gustafson, Paul Morley, Steven Dow
  • Cystic nasal adenocarcinoma in a cat treated with piroxicam and chemoembolization, J Am Anim Hosp Assoc. 2007 Nov-Dec;43(6):347-51., Katia Marioni-Henry, Tobias Schwarz, Chick Weisse, Kathleen B Muravnick
  • 犬の膀胱移行上皮癌におけるカルボプラチンおよびピロキシカムによる治療
    Carboplatin and Piroxicam Therapy in 31 Dogs with Transitional Cell Carcinoma of the Urinary Bladder, Vet Comp Oncol 3[2]:73-80 Jun 2005 Original Article 26 Refs, P. A. Boria; N. W. Glickman; B. R. Schmidt; W. R. Widmer; A. J. Mutsaers; L. G. Adams; P. W. Snyder; L. DiBernardi; A. E. de Gortari; P. L. Bonney; and D. W. Knapp
  • 犬の口腔内非扁桃性扁平上皮癌におけるピロキシカムカルボプラチンの併用療法
    Piroxicam and Carboplatin as a Combination Treatment of Canine Oral Non-Tonsillar Squamous Cell Carcinoma: A Pilot Study and a Literature Review of a Canine Model of Human Head and Neck Squamous Cell Carcinoma, Vet Comp Oncol 3[1]:16-24 Mar'05 Original Article 52 Refs, J.P. de Vos, A.G.D. Burm, A.P. Focker, H. Boschloo, M. Karsijns and I. van der Waal
  • 犬の鼻腔内腫瘍におけるドキソルビシンカルボプラチン、経口ピロキシカムを併用した治療
    Treatment of eight dogs with nasal tumors with alternating doses of doxorubicin and caboplatin in conjunction with oral piroxicam.V Langova et al. : Aust Vet J 82:676(2004)
  • 犬の骨肉腫における外科手術、カルボプラチンドキソルビシン、およびピロキシカムによる治療
    Treatment of Canine Osteosarcoma with Surgery, Carboplatin, Doxorubicin and Piroxicam, Aust Vet Pract 34[3]:98-102 Sep'04 Clinical Study 42 Refs, Veronika Langova, Rod Straw, Anthony Mutsaers and Doug Thamm
  • Single dose pharmacokinetics of piroxicam in cats, H. L. Heeb, R. Chun, D. E. Koch, M. A. Goatley, R. P. Hunter, Journal of Veterinary Pharmacology and Therapeutics Volume 26, Issue 4, pages 259–263, August 2003

関連用語



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。

  • 最終更新:2012-03-05 23:22:43

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード