ピモベンダン

概要・作用機序

  • 英名:pimobendan
  • ピモベンダンは陽性変力作用血管拡張作用を併せ持つ薬として犬の僧帽弁閉鎖不全症および拡張型心筋症などに使われる心臓薬である。
  • 2008年1月に動物薬として日本で承認され、ベトメディンという販売名で現在販売されている。
  • 陽性変力作用とはいわゆる強心作用のことである。ピモベンダンは心筋細胞内の細胞収縮にかかわるタンパク質カルシウム感受性をあげることにより、心収縮力をあげるものである。また、ピモベンダンは血管内皮細胞内にあるフォスフォジエステラーゼⅢという酵素を抑制することにより、血管収縮作用を抑制する。
  • そのほか、副腎髄質におけるカテコールアミンの合成・分泌を抑制したり、NF-κBの活性化抑制、TNF-α産生抑制なども報告されている。
  • ジゴキシンなどの強心配糖体に比べ、非常に副作用が少なく効果が期待されているが、日本で承認されてから日が浅いため、今後の動向が注目される薬である。

カテゴリー


主な薬品名・内容量

薬品名 剤型 成分量
ピモベハート フレーバー錠 1.25mg/錠
5mg/錠
ベトメディン 味付錠剤 1.25mg/錠
2.5mg/錠
5mg/錠

投与量・投与目的


副作用

  • 2010年現在、ほとんど副作用は認められていない。
  • いくつかの研究で副作用の報告が見られるが、多くが慢性心臓病そのものに起因するものと考えられ、薬の副作用としては無視していいレベルである。
  • PU/PD(一過性)
ヒトでは、以下の有害反応が報告されている

薬物相互作用


主な注意事項


最新文献(参考文献

  • 犬におけるピモベンダンの左房内圧に対する効果
    The effect of pimobendan on left atrial pressure in dogs with mitral valve regurgitation.
    Suzuki S, Fukushima R, Ishikawa T, Hamabe L, Aytemiz D, Huai-Che H, Nakao S, Machida N, Tanaka R.
    J Vet Intern Med. 2011 Nov-Dec;25(6):1328-33.
  • 猫におけるピモベンダンの使用
    Use of pimobendan in 170 cats (2006-2010)., J Vet Cardiol. December 2011;13(4):251-60., John M MacGregor; John E Rush; Nancy J Laste; Rebecca L Malakoff; Suzanne M Cunningham; Natalie Aronow; Daniel J Hall; Justin Williams; Lori L Price
  • 健康な犬におけるレニン-アンギオテンシン-アルドステロン系に対するピモベンダンフロセミドの短期的影響
    Acute effect of pimobendan and furosemide on the circulating renin-angiotensin-aldosterone system in healthy dogs., J Vet Intern Med. 2009 Sep-Oct;23(5):1003-6., M B Sayer, C E Atkins, Y Fujii, A K Adams, T C DeFrancesco, B W Keene
  • 拡張型心筋症によるうっ血性心不全をもつドーベルマンピンシャーにおけるピモベンダンの致死率への影響
    Effect of Pimobendan on Case Fatality Rate in Doberman Pinschers with Congestive Heart Failure Caused by Dilated Cardiomyopathy, J Vet Intern Med. June 2008;0(0):., M R O'Grady, S L Minors, M L O'Sullivan, R Horne
  • 犬の僧帽弁逆流に対するピモベンダンの効果
    Effects of pimobendan for mitral valve regurgitation in dogs., J Vet Med Sci. 2007 Apr;69(4):373-7. , Kanno N, Kuse H, Kawasaki M, Hara A, Kano R, Sasaki Y.
  • 軽度変性性僧帽弁疾患を有する犬におけるピモベンダンおよびベナゼプリル単独投与による心臓有害作用の比較
    Comparative adverse cardiac effects of pimobendan and benazepril monotherapy in dogs with mild degenerative mitral valve disease: a prospective, controlled, blinded, and randomized study., J Vet Intern Med. 2007 Jul-Aug;21(4):742-53. , Chetboul V, Lefebvre HP, Sampedrano CC, Gouni V, Saponaro V, Serres F, Concordet D, Nicolle AP, Pouchelon JL.
  • 後天性房室弁膜疾患の犬に対するピモベンダンおよびベナゼプリルによる治療の臨床効果
    Clinical efficacy of pimobendan versus benazepril for the treatment of acquired atrioventricular valvular disease in dogs., J Am Anim Hosp Assoc. 2006 Jul-Aug;42(4):249-61. , Lombard CW, Jons O, Bussadori CM.
  • 粘液腫様変性僧帽弁疾患によって発生した犬の心不全おけるピモベンダンの効果および安全性
    Efficacy and safety of pimobendan in canine heart failure caused by myxomatous mitral valve disease., J Small Anim Pract 46[3]:121-30 2005 Mar, Smith PJ, French AT, Van Israel N, Smith SG, Swift ST, Lee AJ, Corcoran BM, Dukes-McEwan J
  • Toyohira Y. et al(2005): Selective blockade of nicotinic acetylcholine receptors by pimobendan, a drug for the treatment of heart failure: Naunyn Schmiedebergs Arch Pharmacol; 371; 107-113
  • 心不全管理におけるピモベンダンの使用
    Use of pimobendan in the management of heart failure., Vet Clin North Am Small Anim Pract. 2004 Sep;34(5):1145-55. , Fuentes VL.
  • ピモベンダンはNF-κB活性化を抑制する
    Matsumori A., et al(2000): Pimobendan inhibits the activation of transcription factor NF-kB: Life Sci ; 67; 2513-2519

写真

ベトメディン錠1.25mg

関連用語



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。

  • 最終更新:2015-06-29 23:02:09

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード