ドキシサイクリン

概要・作用機序

  • 英名:doxycycline
  • 別名:塩酸ドキシサイクリン
  • テトラサイクリン系抗菌薬
  • 猫のヘモバルトネラ症、トキソプラズマ症や、犬のバベシア症に使用される。また、セフェム系フルオロキノロン系に耐性をもつ菌が存在する難治性膿皮症にも処方されることがある。
  • そのほかにも、IL-1およびある種のプロテアーゼ(MMP-9)を抑制するため、抗炎症作用を有するとも考えられている。
  • ドキシサイクリンには免疫調節作用があるとも考えられており、流涙症にも用いられることがある。
  • 犬糸状虫症においては、ボルバキア寄生数を減数させたり、ミクロフィラリアを減数させる目的で使用される。

カテゴリー


主に使用される疾病


主な薬品名

薬品名 剤型 成分量
ビブラマイシン 錠剤 50mg/錠
100mg/錠
パルドマイシン    
ラセナマイシン    

投与量・投与目的

  • 細菌感染症、角膜潰瘍
    • 犬、猫:5-10mg/kg/bid, (p.o.)
  • ヘモプラズマ症
    • 猫:10mg/kg/sid (p.o.)
  • マイボーム腺炎
    • 犬:2.5mg/kg/bid(p.o.)
  • レプトスピラ症
    • 犬:10mg/kg/q12h(P.O.)(14日間投与)
  • 流涙症
    • 犬:5mg/kg/sid-bid(p.O.)
  • 犬糸状虫症
    • 犬:10mg/kg/bid(p.o.)(4週間投薬)

副作用

  • 吐き気
  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • 食道狭窄(猫)
  • ALT上昇(犬)
  • ALP上昇(犬)

薬物相互作用


主な注意事項


関連文献(参考文献

  • 犬におけるドキシサイクリン使用と関連する可能性のある副作用
    Suspected side effects of doxycycline use in dogs - a retrospective study of 386 cases. , Vet Rec. August 2011;169(9):229. , B S Schulz; S Hupfauer; H Ammer; C Sauter-Louis; K Hartmann
  • The Novel Actions of Doxycycline in Ocular Disease, Aust Vet Pract. March 2008;38(1):16-22. 23 Refs, VL Liddle, Michael Bernays
  • Wolbachia and its influence on the pathology and immunology of Dirofilaria immitis infection, Vet Parasitol. December 2008;158(3):191-5., L Kramer, G Grandi, M Leoni, B Passeri, J McCall, C Genchi, M Mortarino, C Bazzocchi
  • Ocular manifestations of natural canine monocytic ehrlichiosis (Ehrlichia canis): a retrospective study of 90 cases, Vet Ophthalmol. 2007 May-Jun;10(3):137-42., Anastasia A Komnenou, Mathios E Mylonakis, Vassiliki Kouti, Lina Tendoma, Leonidas Leontides, Eugenia Skountzou, Angelos Dessiris, Alex F Koutinas, Ron Ofri
  • Oesophageal Strictures in Cats Associated with Doxycycline Therapy, J Feline Med Surg 7[1]:33-41 Feb 2005 Case Report 27 Refs, Alexander James German BVSc, PhD, CertSAM, DipECVIM-CA, MRCVS, Martha Jane Cannon BA, VetMB, DSAM (Feline), MRCVS; Charlotte Dye BVM&S, CertSAM, MRCVS, Malcolm John Booth BVSc, MRCVS, Geoffrey Robert Pearson BVM&S, PhD, MRCPath, MRCVS, Caroline Anne Reay BVSc, CertVR, MRCVS, Timothy John Gruffydd-Jones BVetMed, PhD, DipECVIM-CA, MRCVS

関連用語



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2013-07-11 06:00:41

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード