シクロフォスファミド

概要・作用機序

  • 英名:cyclophosphamide
  • 略語:CPA, CPM, C
  • 別名:サイクロフォスファマイド、サイクロフォスファミド、シクロフォスファマイド
  • 抗腫瘍薬の中のアルキル化剤の一種。
  • シクロフォスファミドは体内に取り込まれると、肝臓で代謝され、活性型アルキル化代謝物質になり、細胞周期非特異的に腫瘍細胞の増殖を抑制する。
  • リンパ腫化学療法に使用されることが多い。
  • 排泄は腎臓から行われる。

カテゴリー


主に使用される疾病


主な薬品名・成分量

  • エンドキサン

投与量・投与目的

  • リンパ腫など
    • 犬:200-250mg/m2, (i.v.)
    • 猫:10mg/kg, (i.v.)
    • 犬、猫:50mg/m2, EOD, (p.o.)
    • 犬、猫:50mg/m2, SID,(p.o.) 4日間投与後3日間休薬
  • 歯肉口内炎
    • 猫:50mg/m2, 4日間投与後に3日間休薬

副作用

  • 骨髄抑制(最下点5-7日後)
  • 急性嘔吐(約6時間後)
  • 脱毛
  • 出血性無菌性膀胱炎(利尿、朝投与などで予防)

薬物相互作用


主な注意事項

  • 腎臓排泄であるため、腎機能に問題がある場合には慎重に投与を行う。
  • 膀胱炎のある動物には投与を避ける。
  • 肝臓で代謝されて初めて活性化すると考えられている。
  • 発がん性が高く、催奇形性があるため、取り扱いには十分注意する。
  • 放射線治療と組み合わせて行うことで副作用が増大する恐れがある。

関連文献(参考文献

  • 犬のリンパ腫に対するドキソルビシンおよびシクロフォスファミドによる治療:無作為化プラセボ対照試験
    Doxorubicin and cyclophosphamide for the treatment of canine lymphoma: a randomized, placebo-controlled study, Veterinary and Comparative Oncology Volume 8, Issue 3, pages 188-195, September 2010, J. C. Lori, T. J. Stein, D. H. Thamm
  • 犬のリンパ腫におけるミトキサントロンベース多剤併用化学療法プロトコールの評価
    Evaluation of a multidrug chemotherapy protocol with mitoxantrone based maintenance (CHOP-MA) for the treatment of canine lymphoma , AT Daters, GE Mauldin, GN Mauldin, Veterinary and Comparative Oncology, Volume 8, Issue 1, pages 11–22, March 2010
  • 犬の肥満細胞腫におけるビンブラスチン、シクロフォスファミド、およびプレドニゾロンによる治療(35症例)
    Treatment of canine mast cell tumours with vinblastine, cyclophosphamide and prednisone: 35 cases (1997-2004), Vet Comp Oncol. September 2007;5(3):156-167. 41 Refs, M. A. Camps-Palau, N. F. Leibman, R. Elmslie, S. E. Lana, S. Plaza, J. A. McKnight, R. Risbon, P. J. Bergman
  • 犬のリンパ腫に対するシクロフォスファミド治療におけるフロセミドを併用したものと、併用しなかったものの、出血性無菌性膀胱炎のリスク要因
    Risk factors for sterile hemorrhagic cystitis in dogs with lymphoma receiving cyclophosphamide with or without concurrent administration of furosemide: 216 cases (1990-1996)., J Am Vet Med Assoc. 2003 May 15;222(10):1388-93., Charney SC, Bergman PJ, Hohenhaus AE, McKnight JA.
  • 猫の悪性リンパ腫におけるシクロフォスファミド、ビンクリスチン、およびプレドニゾロンによる化学療法
    Chemotherapy with cyclophosphamide, vincristine, and prednisolone (COP) in cats with malignant lymphoma: new results with an old protocol., J Vet Intern Med.2002 Mar-Apr;16(2):179-86. , Teske E, van Straten G, van Noort R, Rutteman GR.

関連用語



※注意事項
  • この記録はは専門書・学会・臨床経験を参考に作られた資料です。
  • 可能な限り、最新情報、文献に基づいた資料作りをしていく予定ですが、実際の使用方法については各々の責任において判断してください。
  • 獣医師ひとりひとり、考え方、技量は異なり、すべての臨床の場での適応を推奨するものでは絶対にありません
  • 動物医療の場では、薬剤は犬用、猫用もまれにありますが、殆どが人用の薬剤の応用です。ここに記載されている効能、効果、用法、用量、使用禁止期間など一部、すべては日本では承認されていない情報であることをあらかじめ、ご了承ください
  • 獣医師・オーナーさんがこの記録を参考にされることはかまいませんが、成果の責任は各自の自己責任にてお願い致します
  • 現在治療されている動物病院での処方内容についての疑問点は、各動物病院に詳細をおたずね下さい
  • また、このページからの薬の販売、郵送は出来ませんので、ご了承下さい。
  • 記載内容の間違い等ございましたら、ご意見・ご要望ページからお願いします。
 ※2009年より順次更新中です。ページによってはまだ空白のものもあますが、今後徐々に改定していく予定です。


  • 最終更新:2011-11-27 10:15:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード